マラソン記録会(オープンスクール2日目)

  12月4日(金)浦部公園を中心とした地域で、マラソン記録会が行われました。たくさんの方に見守られながら、子どもたちは学年それぞれのコースを、誰一人リタイアすることなく、しっかり走り切りました。走り終わった子どもたちの顔は輝いていました。保護者、地域の皆様、拍手での温かい応援ありがとうございました。

人間関係づくりプログラム(6年生)

揖保川中学校へ入学する子どもたちがスムーズな人間関係を築けるよう、今年も「人間関係づくりプログラム」が開催されました。3グループに分かれた後も、しっかりと意思表示しながら活動し、他校の6年生とも積極的に交流することができました。さすが河内っ子です!

オープンスクール1日目 

  12月2日(木)9時30分より12時25分まで、オープンスクールを開催しました。本年度初めてで、今回はご家族の方のみという制限の中でしたが、久し振りに学習の様子を見ていただけるとあって、子どもたちも教員も力が入りました。普段通りのがんばっている様子を、たくさん見ていただけました。ありがとうございました。

革細工体験 5年

皮革についての学習を深めている5年生。11月11日に革細工制作の体験をしました。講師の先生が持ってきてくださった革はすごくカラフル。いろいろな色、そして同じ色でも、手触りの違う革に、どれを選ぶかすごく悩みました。思い思いの飾りをつけてオリジナルのペンケースの完成です。皮製品を作る方々の気持ちに少し近づいたような気がしました。

避難訓練②(火災からの避難)

11月9日、給食室からの火災を想定して避難訓練を行いました。今回重視したのは、放送をよく聞いて、どう動くかを自分なりに判断し、「おはしもて」を守って素早く避難することです。どの学年の人も、しっかりと聞き判断して、安全に避難することができました。いざという時に備えておきたいですね。

修学旅行 6年生

11月3日4日は、6年生にとって待ちに待った修学旅行の日でした。昨年に引き続き、感染状況の落ち着いている香川県へ行ってきました。保護者の皆様、早朝よりお見送りありがとうございました。

バスに揺られて約1時間、瀬戸大橋を渡ると、窓からは讃岐富士が見えてきました。まず向かうのは、金刀比羅宮(こんぴらさん)です。785段あるという石段を子どもたちは難なく上り、お参りした後、眼下に広がる景色に感激しました。

お土産物を物色しながら下ると、もう昼食。讃岐うどんをはじめとする豪華な食事をいただきました。そして、体験1「うどん作り」です。出来上がった生地から打つところまでと、粉から生地を整えるところまで体験させてもらい、立派な卒業証書をいただきました。

 午後は香川最強のパワースポット善通寺です。戒壇巡りに参加し(真っ暗でした)、空海さんのありがたい声も聞くことができました。そして、「うちわの港ミュージアム」で、2つ目の体験、「うちわづくり」をしました。各自持ち寄った下絵を丁寧に糊付けし、乾かして素敵な自分だけのうちわが出来上がりました。

 宿泊したのは、瀬戸内海国立公園内に位置する休暇村讃岐五色台でした。窓からの景色が素晴らしかったです。子どもたちはお泊りを一番楽しみにしており、おいしい食事とゆったりした時間を過ごすことができました。夜景や星空観察もしてくださった宿の皆さん、大変お世話になりました。

2日目は、屋島寺観光からです。屋島は源平の戦いがあったところで、屋島寺を中心に、合戦の跡が残っています。尺八の練習をされていたのか、もの悲しい調べが源平合戦のお話を物語っているようでした。その後、高台から合戦の跡地を見に行きました。

さて、子どもたちの楽しみの2つ目は、レオマワールドです。アトラクションが充実しており、グループに分かれて回りました。修学旅行生が大変多く、待ち時間が長かったようですが、食べたり、買ったり、乗ったりと時間いっぱい楽しみました。


最後はイルカに会いにドルフィンセンターへ行きました。なんとここで雷雨に見舞われ、1時間のバス待機となってしまいました。何とか雨が上がり、イルカや環境についての学習をした後、餌やり体験をさせていただきました。かわいいイルカのしぐさに癒されて、いい気分で香川を後にしました。少し帰りは遅くなりましたが、たくさんのお土産とお土産話ができました。お世話になった皆様ありがとうございました。

自然学校③~⑤(2泊3日)

10月25日(月)から27日(水)まで、南但馬自然学校へ行きました。今年は2泊3日になったものの、準備の活動がしっかりできていたので、充実した活動ができました。

1日目・・・・雨模様で心配しましたが、円山川公苑でカヤック・カヌー体験をすることができました。はじめは一人のカヤックで恐る恐る漕ぎ出しましたが、グループでのカヌーになると、どんどん慣れて貸し切り状態の池で縦横無尽に思い切り楽しんだ子どもたちでした。

南但馬自然学校に到着しました。午後はあいにくの雨で、夜の星空観察もできませんでした。ビデオなどで説明していただき、望遠鏡をのぞいたりして、天体観測の一端を味わうことができました。

2日目・・・・朝からしっかりと朝食をとり、隠れ家づくりに挑戦しました。学校でやったロープワークを基に(覚え直していた人もいましたが)1m、2m、3mの木材を組み合わせて、シーソーやブランコ、滑り台や、果ては高床式の家までたくさんのものを作り上げました。2つのグループに分かれてやっていると、お互いの作品に触発されてどんどんアイデアがわいてくるようでした。出来上がった作品と写真を撮ったら、残念だけど解体です。けがのないように、約束を守って順序良く片付けていきました。


夕方からは、いよいよキャンプファイアーの準備です。火おこしはもうお手の物、みんなで協力し合って起こした一つの火を大事にランプにともします。トーチも各自作り上げて、おいしい夕食の後、大広場に向かいます。真っ暗な中、担任の語りで厳かに始まった後、リーダーが面白おかしく盛り上げてくれ、盛り上がりました。終わって部屋に帰ってからも、興奮冷めやらぬ感じでした。

3日目・・・・朝から、森の散策を行いました。どんぐりコレクションを作るためのドングリ探しと、鉛筆を作るための枝探しを兼ねています。今朝到着した宝塚の小学生たちとすれ違うたびしっかりと挨拶ができました。ドングリの木は様々あって、たくさん拾ったもののどの木の実かが難しかったようです。お昼はカートンドックを作り、ぺろりと平らげました。約1時間しかない中、鉛筆づくりはみんな真剣そのもの、自然の曲線を生かした自分らしい鉛筆ができました。閉校式を終えると、ちょっぴり寂しい気分で、南但馬自然学校を後にしました。お世話してくださった方々が、バスを見送ってくださいました。本当にお世話になりました。

 

 

 

 

海に学ぶ体験学習(4年生)

10月29日、4年生が、海辺での体験を通して、自然の良さや産業について学ぶ機会となる体験のために室津に行きました。今回は感染症予防のため、海産物を使ったクッキングは行わず、漁船体験の後、室津漁港で生簀の見学をしたりお話を聞いたり、室津の街を案内してもらいながら散策したりしました。お弁当もおいしかったです。また、今回は隧道物語を演じる4年生、河内から通じる隧道の出口と瀬戸川トンネルの出口を見学することもできました。海の風に吹かれて、爽快な乗船体験ができ、また生き物と触れ合ったり、浜辺で遊んだりしてのんびりと過ごした一日でした。






コスモス畑見学(1,2年生)

  10月19日、1,2年生が朝から馬場のコスモス畑見学に出かけました。河内小学校の運動場10個分もある広い畑に、赤、ピンク、白のコスモスがじゅうたんのように咲き誇っていました。450万本近くあるそうです。背の高いコスモスに埋もれそうになりながらの迷路遊びやおにごっこを楽しみ、どのコスモスを家に飾ろうかなと一本一本真剣に摘み取って花束にし、午前中思い切りコスモスと戯れた子どもたちでした。お客さんもたくさん来られる中、コスモスについてたくさん教えていただき、お世話いただいた馬場自治会、営農組合の方々、ありがとうございました。

市民童謡ふれあいコンサート(全校)

10月9日、(公財)童謡の里龍野文化振興財団の主催で、市民童謡ふれあいコンサートが開催されました。当初、校内音楽会との2部構成で行う予定でしたが、9月は緊急事態宣言中で器楽歌唱の練習に制限があったため、校内音楽会は1月に延期しました。今回、感染予防のため地域の方にはご遠慮いただき、観客が児童・職員・保護者のみのコンサートとなりましたが、さすがプロの方です。オープニングからエンディングまで、歌あり演奏あり、ダンスやコント(?)もありで、大変盛り上がりました。歌声のすばらしさ、ピアノの音色の美しさに子どもたちも時間を忘れて聴き入っていました。